マクロでExcelの操作をプログラム化することで、一連の操作をひとつにまとめて自動化できるため、作業効率が上がります。

ボタンひとつクリックするだけで、複数の処理を連続して実行することができますので、定型の業務であればマクロにすると非常に便利です。

特に同じ作業を繰り返す場合、手作業ではミスの可能性も高くなりますが、マクロを使えば、そのようなミスもなくなります。

Excelを普段あまり使ったことのない人であっても、ボタンひとつで任意の操作が実行されるので、操作を任せることも可能になります。

マクロは状況(条件)に応じて異なる処理も可能です。(これは「マクロの記録」機能ではできません)

Excelによる日々のルーチンワークは、マクロの組み込みにより作業時間短縮作業ミスを減らすことか可能になります。

作業時間の短縮により、他の仕事ができるため、業務効率がアップします。

面倒だった作業が、あっと言う間に終わって便利になった」という喜びのお声を頂いております。


ol03sお問合せフォームはこちらから
※携帯・スマホからはフォーム入力が大変だと思いますので、短く入力して送信してください。
メール返信しますので、その後のメールにて詳しくご入力ください。